2012年03月22日

アイデア・ブック2(トゥーボ)


アイデア・ブック2(トゥーボ) [単行本(ソフトカバー)] / フレドリック・へレーン, テオ・へレーン (著); ダイヤモンド社 (刊)

アイデア・ブック2(トゥーボ) [単行本(ソフトカバー)] / フレドリック・へレーン, テオ...

著者: フレドリック・ヘレーン テオ・ヘレーン
発行者: ダイヤモンド社


kato(s)です。


さらっと読めます。えーと、2時間もあれば十分です。

オトナの生活が長いと忘れてしまう自由な発想…

それを本書に登場するコドモたちから学んでしまおうという内容です。


色んなエピソードを通して、子供たちが何気なくとっている行動、

何気なく発している言葉に、オトナが忘れてしまっているアイデア…

発想の元ネタが隠れているんだよと教えてくれます。


自分もやっぱりオトナな大人なので、子供たちのように何のしがらみもなく、

はじらいもなくw なかなか自由奔放になれないのですが…

この本を読むと 「そうだ!もっと子供目線での自由な発想をしなきゃダメだ。

もっと自分を素直に表現して行こう!」 と… ちょっぴり勇気づけられる!


時間が経つとだんだんそういう気持ちが薄くなってくるので、

いつも近くに置いておき、ちょくちょく読み返すべんきなんだろなと思った。


この本、実は前作の方が評価が高いらしい。

らしい…というのは、前作を読んでないからなんだけど、

本を借りた際に、一作目ではなく何故だか二作目がやってきたからw

まぁ、二作目でも、かなりいい刺激を受けたので全然いいんだけど。


他の人のレビューでは二作目は、良くあるエピソード集にすぎないという

意見が多いけど、一作目はいかに発想するかという、発想の訓練に役立つ

内容になっているようです。秀作と評価されてるので…気になるな。

スウェーデン式 アイデア・ブック [単行本] / フレドリック・ヘレーン (著); ダイヤモンド社 (刊)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by kato(s) at 02:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

2011年06月12日

HUG(ハグ) 2

hug2.jpg

HUG(ハグ)〈2〉 [単行本] / キャサリーン キーティング (著); ミミ ノーランド ...

本 著者: キャサリーン・キーティング
本 訳者: 西田ひかる
本 発行者: 扶桑社


kato(s)です。


「ハグでこころがやさしくなる!」

※Hug = 相手をキュッと抱きしめること


言葉では伝えきれない感情も、Hugすることで伝わることがある。

うん。確かにわかる気がする。


もっとオープンにHugできることって素敵だと思ったぴかぴか(新しい)


えーっと。ムズカシイ本では無いのでw

さらっと、簡単に読めます。

Hugについてもっと知ることができます。

色んなHugがあることが書いてます。

Hugをしているクマがかわいいです!

西田ひかるさんが訳してるのも…ちょっとポイントかとw



で、もっとHugしたくなりますw



こんな内容についての本

 ・Hugの持つ意味

 ・Hugで会話することについて

 ・ハグ辞典

 ・ハグのことを話そう


ハグ辞典には色んなHugの形が書かれてる。

A型ハグ

足首キュッとハグ

うしろからハグ



で、どれが好きかって??



ベアハグ、 チークハグ、がいいなw



人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by kato(s) at 02:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

2011年03月24日

悪の手引書

こげぱん



悪の手引書 (おもしろすぎる 2) [−] / 情報研究所 (著); データハウス (刊)


本 著者: 情報研究所

本 発行者: データハウス


どうやら、私のレビューファンはこのような本の紹介を求めているようなんで



ちょうど疲れた時期ですし


ここらでおバカ本でも




この本出版されたのは約30年前

かなり昔の本です
さすが熱い時代の本ですW



悪っうぐらいです、


だいたい、このカバーの雰囲気



はい
内容は想像つきますよね





正解(児玉清)



エロでっしWW

本の名前通り、悪の本です


性犯罪
ちかん〜最終投下まで(ああ…イタすぎる)

窃盗 万引き、下着泥棒、殺人、詐欺




最後に刑罰についても書かれており


警鐘?


目的を達成するまでのレクチャーをコミカルな挿し絵で詳しくかかれております

実用書として?完全 犯罪を目指し


ちかんの方法やら
自販機の下に潜む釣り銭の拾いかた


軽犯罪?のライナップはかなり揃ってました


なかなかどうして
の鬼畜本ですよ。

ただ性犯罪の記載が
多くて



悪って




それだけかぃ「!!」

生々しすぎて引くわ





これと逆に
よいこの手引書っうのも出版されてます









こちらは…もっとエロす

エロっっうかエロ



男女のことばかりしか書いてない


もう悪とか善とか関係なく


エロhow to本?


坊さんの初夜の方法やら

隣のお姉さんの着替えが窓から丸見えだった時の対応 とか


手をつなぐタイミングとかもあったな

ベンチに座る時はハンカチをひろげて座らす
紳士のたしなみ?


よいこなんで犯罪者にならないために


夜の街へのプレーオフ方法 も

そりゃー詳しく




いや奥深い
大人の階段ですね



これらは男性による男性のための書物





こんなのが出回るから変態が勘違いしちゃうんだろうな


よく出版したな〜と




よくもまー
読んだなぁー自分に乾杯
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by こげぱん at 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

2011年02月22日

記憶がなくなるまで飲んでも、なぜ家にたどり着けるのか?

記憶がなくなるまで飲んでも、なぜ家にたどり着けるのか? (新潮文庫) [文庫] / 川島 隆太, 泰羅 雅登 (著); 新潮社 (刊)

記憶がなくなるまで飲んでも、なぜ家にたどり着けるのか? (新潮文庫) [文庫] / 川島 隆太...


 akkです。

 こりゃあもう、タイトルの勝利でしょう!

 え?このタイトルに惹かれるのは飲兵衛だけ?
 そそそ、そんな事ないはず!!

 私が外でお酒を飲んで一番記憶が飛ぶのが、お会計と帰り道。
 でも大体払ってるし、家に帰れなかった事もない。
 不っ思議ぃ〜〜〜。

 酔っぱらった時の脳の状態はどうなっているのか、失った記憶はどこへ行ってしまったのか、常々不思議に思っておりました。
 そこへもってこの本、このタイトル。
 買うでしょ。
 読むでしょ。

 ふふふ、謎は解けたよ明智君!(お前誰だ)

 二人の脳科学者(川島教授は脳トレでも有名)が、お酒と脳の関係について、真面目に書いてるのが笑えます。
 だって、『ほろよい免許制(?)を導入するとイイ。免許皆伝は飲まなくてもほろ酔いになれる』とか言っちゃって。
 飲んでないのにほろ酔いだったら、それはヤバいのでは。

 ホント、学者って楽しそうだよなぁ〜。

 そして謎が解けてスッキリしたワタシは、心おきなくまた飲みに行くのだ。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by akk at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

2011年02月16日

A型 自分の説明書

こげぱん

A型自分の説明書 [単行本(ソフトカバー)] / Jamais Jamais (著); 文芸社 (刊)

A型自分の説明書 [単行本(ソフトカバー)] / Jamais Jamais (著); 文芸社...

ノート2(開) 著者: Jamais Jamais
ノート2(開) 発行者: 文藝社



知人の強ぃ勧めをいただき


本をお借りしました。




官能小説だってカバーなしで読める私ですが



これは恥ずかしい OZNあせあせ(飛び散る汗)




本書の使い方に
外では2人以上で読むこと。誰かがいないと恥をかきます。ふらふら

と書かれております





納得
パーティーグッズイベントぽい






どうやらA型の行動パターンが 項目ごとに書かれており


自分に当てはまる
行動パターンにチエックをいれる


最終的にはオリジナルのマイブック 完成ひらめき


仕組みに感動





こういう本て
やっぱり時代なんですかね? 


隠された能力を引き出す



以前よんだ
『はじめの哲学』 よると 本来の自分なんてものは存在せず


場にあわせて自分の側面の現れ方が異なる

・・・・だけ、らしいですが
















自分用にカスタマイズ出来る本なんで


自分について考えてみる手段 としては


いいと思います




もっともっと特別な〜オンリーワーン 八分音符

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by こげぱん at 08:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

2010年12月10日

ワタシは最高にツイている <小林 聡美>

ワタシは最高にツイている (幻冬舎文庫) [文庫] / 小林 聡美 (著); 幻冬舎 (刊)

ワタシは最高にツイている (幻冬舎文庫) [文庫] / 小林 聡美 (著); 幻冬舎 (刊)



 akkです。

 

 自然体なステキ女子、小林聡美さんのエッセイです。
 何かに連載されてたのかなー?よう分からん。
 
 演技も自然体(に見える)ですが、文章も自然体です。
 なんか、力入りすぎてない感じがイイ。
 ごく自然に生活し、自然に文章にしてる(ように感じる)のに、ぷぷっって笑っちゃう感じでオモロイんす。
 これがユーモアなのか?
 
 エッセイ本単体としてもオモロイんですが、小林さんが書いてると思うと、ちょっとオモロさ増すんですよねぇ。
 あの淡々とした早口で読むのが吉。
 
 ズラとかブラとか半ケツとか、変なネタもたくさんあるけど、やっぱ愛犬・愛猫の話は癒されますな。
 とびに会いたい!!
 
 タイトルになってるエッセイは、コレだけ見るとすんげぇ前向きポジティブエネルギーギラギラな感じですが、そうではなく。
 最近多い、このテの自己啓発本(?)をネタにした話なんだよねー。
 私は自己啓発本は苦手で手に取らないですが、小林聡美さんにこういう切り口で言われると、ちょっとだけ 「私はツイてる」 って思ってみようかな、なんて気になったりして。ふふ
 
 
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by akk at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

2010年11月30日

オカマだけどOLやってます。完全版

オカマだけどOLやってます。完全版 (文春文庫) [文庫] / 能町 みね子 (著); 文藝春秋 (刊)
オカマだけどOLやってます。完全版 (文春文庫) [文庫] / 能町 みね子 (著); 文藝春...

 akkです。

 イイですよぉ〜コレ、ユルくて。
 なんか、力入りすぎてない感じがイイんです。
 自分のコト、特別視してないっていうか、変に悲観してないっつーか。

 いやそりゃ勿論、書いてないだけで色々あったんだろけどさ。
 なんつーか、余裕?ゆとり?
 性同一性障害(本人が使いたがらないこの言葉を使うのは、気がひけますが)ってハンデ(これも失礼かな)持ってるのに、その状況を自ら楽しんでるっていうか、むしろ遊んでる?

 ためになるとか勇気をもらえるとか、そんな大層な本ではございません。 
 能町さんが自らネタにした日々を、一緒にぷぷって読むだけです。
 あ、ホントにぷぷってなるので、公共の場で読むのはキケンざんす。
 
 そして読後は、周りの人達の性別に対して疑いが芽生えるること、請け合い。ぷぷ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by akk at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

絵で見る「もの」の数え方(再)

絵で見る「もの」の数え方 [文庫] / 町田 健 (監修); 主婦の友社 (刊)

絵で見る「もの」の数え方 [文庫]

本監修: 町田健
本発行者: 主婦の友社


kato(s)です。


再度のレビューです。前回のレビューは、こちらより。



ものを数える時に、ものの後ろにつける言葉って、

「助数詞」っていうんだ。へー。

例えば・・一枚とか、一羽とか、一棹、ていうやつネ。


とくに感動もなく・・ひたすら助数詞について解説されてる本。


たしかに、へー。と思わされる助数詞も結構あるんだけど・・

それ以上でもなく、それ以下でもない。


「辞書」的なジャンルに近いだろうかひらめき



ただ、とっても簡単に読めるので、辞書を隅々まで読めないフツーの人でも

この本は最後まで、1時間程度あれば読めるでしょうexclamation レッツチャレンジexclamation×2



以下、この本の特徴について。


「絵で見る」ってところがポイント。

1ページに1つの「もの」について解説されている。


まず、「物の名前」が上部に書かれている。

真ん中にそのものの「絵」が大きく書かれている。

その下に、「助数詞」が書かれており、続けて、

解説が数行程度。


そう、ひたすらこの繰り返し。

ちょっと憎いのが、物の名前の下に、その物の英語表記が書かれている点。

助数詞より、英語でこう書くのかっ!!って感動も結構あり。



カテゴリ別で一章から八章まであり、

各章の最後には、コラム(数の豆知識)が書かれている。

”世界の一から十まで”とか、大きな数字とか、小さな数字とか・・・



とにかく、さらっと読めるので、

細かいことは気にせずに、知識を蓄えときましょうわーい(嬉しい顔)




必ずどこかで役に立つでしょう。・・きっと。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by kato(s) at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

2010年11月19日

絵で見る『もの』の数え方

Proposer Norico


絵で見る「もの」の数え方 [文庫] / 町田 健 (監修); 主婦の友社 (刊)

本絵で見る「もの」の数え方 
本町田健 監修




タンスの単位ってごぞんじでしょうか?







正解は一棹(ヒトサオ) だそうです。

いわゆる 一般常識なんでしょうけど   いったいどこで習うのやら??



そんな身近に有る『もの』 の単位から 一生つかわない『もの』の単位までを
おおきな図解とともに単位の説明が書かれた ゆる〜い本


文章好きには、ものたりないけど

ざーっと絵と単位をみるだけでも、うーむ、なるほどとためになります。


日本語っておもしろいな って改めて思える本ですね

ただ、遊べても一日かな




人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by こげぱん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。