2013年08月31日

真夏の方程式




kato(s)です。


久しぶりの東野圭吾作品です。

「白夜行」「幻夜」を読んで東野圭吾作品に衝撃を受けファンになったけど、

その後、全然読む機会がなく、なんとか読んだのが「探偵ガリレオ」です。


そんな、にわかファンなので、この「真夏の方程式」も実はガリレオシリーズと

気づかずに買ってしまったのです… 情けないです。


一作目の「探偵ガリレオ」もさらっと読めたが、最後まで真相が明らかにならず、

後半はグイグイと作品に引き込まれてゆき、とても魅力のある作品です。


この「真夏の方程式」も、一見単純な事件のようだけど、少しずつ家族の秘密が

明らかになってゆき、いかにしてこの事件がおこったか…思わぬ方向へと展開して

いきます。

激しい展開はないのですが、最後は何か不思議な余韻を残す作品のような感じが

しました。 これを期にほかのガリレオシリーズも読みたくなったのでした!


この作品、実は2013年6月29日に映画化がされており、2013年8月31日時点でまだ

公開中となっております。ご興味のある方は是非、劇場へどうぞ。


ちなみに、作品の舞台、「玻璃ヶ浦」は架空の地名で、

劇場版のロケ地は、玻璃ヶ浦の海周辺のロケは西伊豆を中心に伊豆の海で行われたそうです。

また、玻璃ヶ浦の駅は愛媛県松山市で撮影が行われているようです。


足を運んでみたくなりますね〜

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by kato(s) at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373510889
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。