2012年01月10日

家族八景


家族八景 (新潮文庫) [文庫] / 筒井 康隆 (著); 新潮社 (刊)

家族八景 (新潮文庫) [文庫] / 筒井 康隆 (著); 新潮社 (刊)


本 著者: 筒井 康隆
本 発行者: 新潮文庫


kato(s)です。


家政婦のミタ。

遅ればせながら、正月休みに、最終回と
その前に放送されたハイライトシーンを見た。
はい、それだけでも十分楽しめましたよ。

今回のレビュー、「家族八景」の主人公"七瀬"も家政婦なんですよね〜
タイトル通り、八つの家族を渡り歩く家政婦の"七瀬"のお話。

家政婦のミタの最終回最後でミタさんが阿須田家から去り、
新しい家庭へ家政婦として訪問するシーン。
家族八景の七瀬とかぶっておもしろいw

ミタさんは、"頼まれたことはなんでもやる"だけど、
七瀬は、"人の心が読める"超能力(テレパス)を持っている。


これがまた…何がおもしろいかというと、


人間の隠しておきたい、見たくない心理がうまく描画されている。

ドロドロした人間関係を明らかにし、ぞれぞれの闇を照らす。
そこには、親子の確執があったり、夫婦の嫉妬、疑心暗鬼があったり、
性や金銭をめぐる欲に溢れていたり…

主人公”七瀬”の超能力を通して、客観的にそれぞれの家族の内面を
覗き込めるところが何とも言えずハマる小説ですよ!

さて、この小説。実は…

実は…って程の事はないかもしれないけど、

「七瀬三部作」と言われる作品の第一作目なんですよね〜

二作目の「七瀬ふたたび」が映画化もされており、こちらが有名
だと思われます。最初はこの映画を見たいなと思ったけど、
結局映画はまだ見れてないですw

七瀬ふたたびも映画化されるくらいなのでSFとしてのストーリー性には
一番すぐれていると思うけど、やっぱりまずは「家族八景」でしょ!
ってのが私の感想ですねw


ってことで…


な、何と、「家族八景」がドラマ化されることになった!!

これは見逃すわけにはいかない。
まだ小説を読んでない人は、先に小説を読んでから
ドラマを見る方が良いのではと思われます!

【放送スタート日】
MBS:1月19日スタート 毎週木曜24:55〜25:25予定
TBS: 1月24日スタート 毎週火曜24:55〜25:25予定
[ナビ番組] 異色の新ドラマ!「家族八景」〜家政婦の火田はミタSP〜
MBS:1月12日(木)25:22〜25:52
TBS:1月17日(火)24:55〜25:25
詳細はこちらからどうぞ〜


七瀬三部作、おすすめです。
二作目、三作目も既読なので、
また、早めにレビュー書けるように…がんばります。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by kato(s) at 00:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます
この記事へのコメント
ホントに偶然なんです 私も家族八景よんでます。筒井康孝の短編『笑うな』があまりにもシュールすぎて わかんなかったんで
筒井康孝二回目のトライwww

購入後に知ったんですが 結構人気あるシリーズらしいですね しらんかった・・・

やっぱり 同じような生活時間を過ごしていると同じような小説を欲してしまうもんなんしょうかね??

キャwwさすが来世の旦那様
Posted by こげ at 2012年01月12日 13:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/245251506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。