2011年06月20日

下妻物語


下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん (小学館文庫) [文庫] / 嶽本 野ばら (著); 小学館 (刊)

下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん (小学館文庫) [文庫] / 嶽本 野ばら (著);...




 akkです。

 
  何度目だ、の下妻物語再読。

 楽しくて可愛くてお気軽で元気でおバカで愛おしい話が読みたい時には、コレでやんす。
 今回は、重厚な本を読んだ後に、サラッとサラッと。

 こう書いててふと思ったけど、下妻物語って野ばらちゃんの本の中でも特異なのかしらん。
 大体どうやったって、野バラちゃんの話ってば、暗め重めになるもんね。
 乙女道を貫くことの、生き難さよ。
 
 しかしまぁ、乙女のカリスマを名乗り(本人が自ら名乗ってんのか知らんが)、乙女道を説くなら、クスリは……と、古い話を持ち出すのは野暮ってもんですかな。

 それはさておき。

 やっぱ好きだなー。
 一番好きなセリフはモモコの 「100回くらい死ね」 です。

 牛久大仏の決闘シーン、映画とはちょっと違うのね。
 映画ではモオコがブチギレたような感じだったけど、本では結構冷静。
 あのシーンは、私的にはミコさん@矢沢心さんの超情けない姿が、最高の演技だと思ってて結構好きです。

 あとBABYの社長の磯部さんも、もちろん映画みたいな変なキャラ(岡田君サイコー)じゃなくて。
 あとあと、映画の冒頭のモモコ原チャ事故もないし。
 当たり前ながら、色々映画と原作は違うんですが。
 どちらも楽しい。
 ちょっとテンション高いけどね。
 原作のテンションを、イイ感じで映画にできてると思います。
 って、あれ?映画の話になっちゃってる?
 しかも偉そう。
 
 とにかくモモコの愛くるしさ(脳内イメージ@深キョン)と、イチゴの可笑しさと、二人の可愛いくて熱い友情がハッピーなお話なのです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by akk at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(2) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/210852949
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

下妻物語:倫理学史上に残る名台詞?
Excerpt: 前略。 「抜けさせて貰うよ、こんな仲良しクラブ。  こっちから願い下げさ。人は最期は一人なんだよ。  徹夜で語り合って、手を絡いで抱き合って眠っても、  違う夢を見るんだよ。だからこそ、人は人に影..
Weblog: MOVIE TRAP
Tracked: 2011-09-02 06:20

下妻物語
Excerpt: 以前TVで「下妻」を和田アキ子が「しもづま」と発音していた。 「団地妻」と同じような映画と誤解しているのかも知れません・・・。 「下妻物語」は、やわらかくしなやかな感性で、 孤絶にひるまない人物造形..
Weblog: MOVIE TRAP
Tracked: 2011-09-02 06:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。