2011年05月10日

ソードアート・オンライン(1)アインクラッド


ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫) [文庫] / 川原 礫 (著); abec (イラスト); アスキーメディアワークス (刊)

ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫) [文庫] / 川原 礫 (著); ...

本 著者: 河原 礫
本 発行者: アスキー・メディアワークス


kato(s)です。


ライトなものを読みたいと思い、

人気の高そうなものに手を出してみたw

で…選んだのがこの 「ソードアート・オンライン」


タイトルの響きもなかなか良いのではないかとも思ったり。

ファンタジーものと言えば…

高校の時にハマってた「ロードス島戦記」を思い出して

懐かしんでたんだけど…


今のは”オンライン”が付くんだねw


ファンタジーなんだけど、題材はオンラインゲーム。

しかも次世代のVRMMORPG。

完全なる仮想現実(ヴァーチャル・リアリティ)の世界へ

接続されるというシロモノ。

頭にヘッドギアのようなものかぶって、

脳からの信号、脳への信号を、うねうねってwされて、

仮想の五感情報を与えられ、完全に現実から切り離されるんだとさ。

夢を見てるような感覚なのかなw?


そんな仮想現実にログインしたは良いが、

ログアウトする機能がないというところから事件が始まる…


ゲームマスターが登場し、

ゲームをクリアするまでは脱出不可能で、

しかも仮想世界での死は現実世界での本当の死に繋がる

仕組みになっているという…


そんな世界に取り残された一万人のプレイヤーの運命やいかに!?


私もひととおり、試してみたりはしてるけど、オンラインRPGって、

実際流行ってるし、確かにおもしろい。ファンタジーの要素もあるし、

この小説の世界観にもどっぷりつかれる人は多いんだと思う。


ただ、読み始めて最初の方は、実は少しダレてました(爆)

世界観の説明とか前置きのストーリが冗長で、ちょっと退屈だった。

あー、シリーズもんだけど、次は無いかな??なんて思ったくらい。


でもやっぱり、ファンタジーもんが好きなんだなぁ〜と実感することにw

途中でやってくる、フロアのボスとの緊迫した対決シーンに、

グイぐい引き込まれていっちゃいます。ゾクゾクきますw


そのあとのギルドのリーダーとの一騎打ちとか、別のボスとか

との戦いのシーンも描写がうまくて興奮もの。


ででっ、もちろんロマンスも存分にありですw

なかなかバランスよくメインのストーリー、戦闘シーン、恋愛の

部分が盛り込まれてるのではないだろうか?


最後の方は…もう終わりかと思うくらいトップスピードに乗って、

最後までいっきに読んでしまった。


シリーズの他のものも、レビューの評価は高いみたいなので

次の作品も…。読むことになると思います、はい。


因みに次の2作目は1作目の外伝的なストーリーで、

そこで登場する人物たちが、3作目以降でも登場し、

活躍するような構成になっているようです。


楽しみだ。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by kato(s) at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(2) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ソードアート・オンライン1巻〜アインクラッド〜の感想レビュー(ライトノベル)
Excerpt: もうすぐ累計発行部数が1億冊を越えることが話題の電撃文庫ですが、第15回電撃小説大賞《大賞》受賞作家である川原礫先生の第2作目、『ソードアート・オンライン1 アインクラッド』(川原礫先生原作、abec..
Weblog: gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
Tracked: 2011-05-10 14:59

ソードアート・オンライン1 アインクラッド
Excerpt: 電撃文庫 著作名:ソードアート・オンライン1 アインクラッド 著者名:川原礫 (かわはら れき) イラストレーター:abec 発行日:2009/04/10 あらすじ 「これは、ゲー..
Weblog: ライトノベル読もうぜ!
Tracked: 2011-05-13 00:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。