2015年08月25日

サファイア



kato(s)です。

7つの短編集ですが、それぞれの短編のタイトルに宝石の
名前が付けられています。

「真珠」「ルビー」「ダイヤモンド」「猫目石」「ムーンストーン」
そして本のタイトルにもなっている「サファイア」、「ガーネット」
もちろんタイトルだけじゃなく、それぞれの宝石が作品の中の
キーポイントとしてしっかりと登場しています。

湊かなえの本は、読みだすとついつい引き込まれる魔力の
ある作品が多いと思っていますがこの本は短編と知らずに
買ってしまってました。

短編ではどうなのかな?と思いつつ読みましたが、短編の作品
それぞれに湊かなえのエッセンスが凝縮されている感じで、
それぞれの短編に個性があって飽きさせず次の短編、次の
短編とどんどん読み進めたくなります。

ラストシーンがある程度予想できる作品があったり、最後の最後
に物語が急展開する作品があったり、予想していた内容と実は
違ってた話だと最後に気づかされたり…不思議な感覚ですらすらと
読めてしまいます。

最後から二番目の作品も実はそれだけで完結しているようでしたが
なんだか後味が悪いと思ったら最後作品と繋がっていました。
不思議な感覚のする本ですがミステリーと言えるほどのミステリー
要素は少ないかもです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by kato(s) at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

2015年08月12日

ワイングラスは殺意に満ちて

20150812.jpg



かなり前(1989年)にサントリーミステリー大賞読者賞を
受賞した作品です。

ミステリーとしてはそれほど複雑であっと驚かせられるような
展開やトリック、結末だっとという印象は残りませんでした。
25年以上前の作品なので、この作品がと言うよりも、最近の
作品が多種多様なミステリー多いからそう感じさせられるの
かもしれません。

ただし、読みやすさと軽快なテンポのあるこの本は、いつの間にか
作品の中にぐっと引きこまれあっという間に読み終えてしまいました。

この本は、「お酒が作品に登場する本」というテーマで本を探していた
時に見つけた本です。タイトル通り、もちろんワインが随所に登場します。

聞いたことのある(ような)名前のワインは色々と登場しますが、
残念ながらその価値や作品中での説明されている内容について、
共感できる部分は少なかったです。ワインは難しい!!
これを機に少しはワインの知識も身に付けないと…

登場人物もそれほど多くなく、ミステリーとしての濃さはさほどでも
ないかもしれませんが、キャラクターの個性は際立っていて、
ワインの話も興味深いものがあるので、ミステリー&ワイン好きな方は
ハマるのではないかと思います。

ぜひ手に取って見てください。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by kato(s) at 00:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

2015年08月08日

算法少女


タイトルに惹かれ買いました。

直訳すると人気コミックの「数学ガール」とも言えますので、
「数学ガール」の江戸版と言えないこともないなと今さらながら思いました。

でも数学ガールのように具体的な公式や数式がバンバン登場する
訳ではなく物語が中心です。主人公のあきが少女であるにも関わらず
妙に冷静で大人びて淡々としている姿が良かったです。

いつの時代も女性はしっかりしているんだなと感じさせられます。

江戸時代を舞台にした小説ですが、文章は読みやすく、
すっと物語の世界に入り込めてしまいます。ページ数もそれほど
多くないのでさらっと読めてしまうと思いますよ。

算法の対決など緊張感のある場面がもっとたくさんあるかと
楽しみに読み進めていましたが、それほど緊迫感があって
引き込まれる場面はなかったな〜という印象です。

ジャケットも味のある感じで好きです!






人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

タグ:文庫 小説
posted by kato(s) at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

2015年08月07日

もし僕らのことばがウィスキーであったなら



kato(s)です。

長らく更新していませんでしたが復活です。

諸事情により、ウイスキー検定2級に合格しましたkato(s)です。

第3回の試験は2016年1月のようです。
新設された1級に挑戦するか考え中です。
(興味がある方は是非受験してください。)

ウイスキーは単なるウイスキーと思っていました。
そんな概念を180度変えてくれたのが、ラフロイグという
ウイスキーです。この商品のレビューでたまたま読んだ
内容に”こウイスキーを飲むと人生が変わる”や、
”ヨードチンキ・消毒液の味がする”など…ホンマか?
と言いたくなるほどの内容に思わず試してみたくなった
のです。

もちろん言うまでもなく人生が変わりました(多少)
飲めばわかるこの味。未体験の人は一度はお試しください。
スコッチウイスキーの中でアイラ島で作られたウイスキーに
共通するスモーキーでピーティなフレーバーのウイスキーです。
ラフロイグ以外にも有名なところでは、ボウモアなどがあります。

ということで、まだ本のレビューは1文字も書いていません。

ウイスキーを知れば知るほど、飲めば飲むほど、惹きつけられる
ものがあります。結果、ウイスキーに関するこの本を手に取ることに
なりました。なによりも、あの村上春樹が著者のエッセイなのです。

村上春樹と言えば独特の世界観で、個人的にはついていけないの
ですが、なぜだか最後まで読みたくなる惹きつけられる魔力を持った
作家と言うイメージでしたがこのエッセイにはそんな不思議な世界は
全く出てきません。

ウイスキーをこよなく愛する者が、当然のごとくウイスキーの本場イギリスに
行って蒸留所巡りをしたくなり、それが実現した旅行記です。
少し物足りないと思う人もいるかもしれませんが、
素の村上春樹を知ったような気持ちになれます。

スコットランド、アイルランドを巡っていますが、先に書いたアイラ島も
中心に書かれており、やはりアイラモルトには村上春樹をも魅了する
魅力があるのだなと嬉しくなりました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by kato(s) at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。