2012年12月19日

SOSの猿



 akkです。


 にんともかなりオカシげな話でありましたなぁ。

 なんじゃーこーりゃー、っていう。


 競作(?)の五十嵐大介氏の 『SARU』 も気になるところであります。 
 相変わらず、楽しげな事をやっておられます。むふっ

 



 以下、ネタバレあり!!!!


 

 

 

 

 

 



 うーんなんだろ、ホントに不思議だった。
 そもそもなんで孫悟空?!みたいな(笑)
 まぁそれはアレだよね、競作。




 『私の話』 と 『猿の話』 が交互に展開されるわけですが、前半の 『猿の話』 は遠藤君達に向けて話されていた、孫悟空の予知話って事だったのねぇ。
 その認識でもって、もう一度読み返したい。




 田中氏(実際は中田氏か)の隣の部屋で起こした騒ぎが、株の誤発注に繋がるというのは、いくらなんでもデキすぎだと思う。
 小説として、じゃなくて、眞人君が考えて実行したんだとしたら。
 なのでやっぱりあれは、眞人君の中に孫悟空が居たんだと私は思う。かな。
 先を見通せる力を持った孫悟空だったからこそ、あの部屋で騒ぎを起こすことを思いついたっていうか。。。


 

 



 変な話だったなぁーという印象が強すぎて、他の感想が浮かばないのですが(笑)
 何度も読み返したら、また違う味わいがありそうな気がします。
 スルメ的な・・・



 

 

 
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by akk at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

2012年12月03日

厭な小説


 akkです。


 読み応えがあって力のあるお話を読みたくて。
 京極さんなら読みごたえは十分、しかもこのタイトル。
 そうかそうか、厭な気分にさせてもらおうじゃないか。むふふ


 結果、えぇーと、そんな厭な気分でもありませんでした。


 思うにこれって多分、男の人が読んで厭な小説なんじゃないかなぁ。
 途中 「あ〜、厭な気分にさせようとしてるなぁ〜」 と思っちゃったら、ちょっとおかしくなっちゃった。
 あ、これヨイ意味ね。
 そういう遊びがあるのが、京極さんの良さだと思うし。
 『厭な話祭』 って感じの1冊でした。
 あーでも、各話のタイトルの字体は良かった。
 あれが一番厭だったかも。むふっ


 以下、ネタバレありかも!!!









 匂いネタが多かったね。
 何ならこすったら匂うシオリとか、付けちゃえば良かったんだよ。
 ってのは嘘ですが。

 厭な子供は厭だったけど、最後奥さんを犯しちゃうのはいただけない。
 あれで何だか一気に醒めちゃった。
 せっかく現実か幻か分からん感じだったのに、急に俗な感じに。

 厭な彼女は怖いねぇ。
 あんなのとどうやって別れればイイんだ。。。

 厭な仏壇は送り返しちゃえば、先祖もまたもとの彼のものに戻るのでは?
 でももうあの人の精神は、厭な仏壇に取り込まれちゃってるんだろうから、無駄なんだろうねぇ。 
 
 厭な老人は…あれはいったいどういう事なのだ?

 厭な家はもう危なくて住めないよなぁ。

 うむ、つらつらと書いてみたけど、やはり 『祭』 な1冊ですな。むふふ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by akk at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。