2012年02月29日

水の柩


水の柩 [単行本] / 道尾 秀介 (著); 講談社 (刊) 


水の柩 [単行本] / 道尾 秀介 (著); 講談社 (刊)




 akkです。

 本日は4年に一度しかない2月29日でございます。
 せっかくですので、upしましょう。



 会社の人が貸してくれました、ハードカバー。
 やはりハードカバーはヨイです。

 ジャケのタイトルはホログラム?みたいな、光る系の素材になっております。
 そしてダムに沈んだ村を表現しているのでしょう。
 あぶくがある青い水の中に村の写真。
 ぐるりを取り囲むのは村のシルエット。
 そして中扉には少女のシルエット。
 んー、そそるそそる!(変態か)


 さて 『向日葵の咲かない夏』 以来の道尾さんでございます。
 やはり読みやすい。
 勝手に、もっとホラーミステリっぽい、怖い話と思ってたんですが全然怖くなかった。

 全体的に暗いトーンですが、救いのある話だったと思います。




 以下、超ネタバレあり!!













 いやぁ〜騙された。
 ずーっと、敦子は死んでるものと思って読んでた。
 やられたー。
 あれは見抜けないよねぇ。

 タネが分かって振り返ってみると、現在の様子を描いたバスのシーンがまた違ったものに。
 15の冬を迎える事のなかった少女の写真ってのは、たづちゃんの事で。
 逸夫に話しかけてるばあちゃんはもうボケてて、逸夫本人に話しかけているのではなく。
 ふうちゃんの反対側にはちゃんと敦子も居て。
 平和で楽しそうな小旅行。
 でも敦子や逸夫、ボケちゃってるけどばあちゃんは、一体どんな思いを抱いていたんだろう。

 敦子死ななくて良かった、本当に。
 逸夫よくぞ間に合った!偉い!!
 そして3体の等身大人形をダムに沈めるという儀式。(あれはもう儀式だよね)
 よくぞ思いついた!
 逸夫君はホンマに優しいコやなぁ〜。

 でもお父ちゃんには誤解されちゃったね。
 でも逸夫もお父ちゃんの事、誤解してたよね。
 この親子はまぁそのうち自然に、関係が修復されていくんでしょう。
 なんか安心感あるし。



 それにしてもイジメてる方ってのは、なんて鈍感なんだろう。
 可愛くて人気があっても、なんて不幸で貧しくて可愛そうな人たち。
 そんな自分の貧しさを感じたくなくて、暴力のもたらす恍惚感に身をゆだねるんだろうか。

 
 
 自分を傷つけるっていう方法ではあったけど、立ち向かう勇気を持った敦子、本当に良かった。
 ずーっと水の中に沈んでるようなトーンだったけど、最後の最後、ちょっとだけ敦子明るくなった気がする。
 お母さんもちゃんと怒ってくれてよかった。

 逸夫も敦子も多分おばあちゃんも。
 湖に葬ったもう一人の自分を結局忘れる事はなく、死者に対して抱く思い出の様に、抱えて生きていくんだろうな。
 でもそうやって一度決別し距離を置ける事で、また生きていくって事なのかな。
 

 
 ところでものすごーくどうでもイイけど。

 多々朗ちゃんがソースをこぼして胸の前が真っ黒になってたシーン。
 すわ事件か!
 ここからミステリ展開か?!
 と思ったワタシはおバカさんですた。。。。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by akk at 09:34 | Comment(3) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

2012年02月28日

ホテルジューシー

ホテルジューシー (角川文庫) [文庫] / 坂木 司 (著); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)


ホテルジューシー (角川文庫) [文庫] / 坂木 司 (著); 角川書店(角川グループパブリ...




 akkです。


 このニャーの表紙がずっと気になっておりました、『ホテルジューシー』 でございます。
 変なタイトル(笑)

 タイトルからは全く中身が想像つかなかったんですが、いやいやいやいやステキな話だった。

 舞台は沖縄です。
 話にのめり込みすぎて、車内読書からふと顔を上げた時に外が雪だった事に、違和感を感じてしまいました。むふふ

 シーズンの長期バイトで沖縄のホテルジューシーで働く女の子ヒロちゃんの話です。
 このヒロちゃんがねぇ、真面目で正義感が強くて、融通きかないんだ。
 でもイイ子なの。
 
 その真面目さゆえに、オーナー(代理)や清掃担当のおばぁや、ひいてはホテルの客のゆるさが許せないわけです。
 で真正面から彼らと関わるわけですな。
 うーん、若いねぇ。

 でもちゃんとちょっとずつ、彼らから色んなものをもらって、成長していく(と書くと陳腐ですが)のです。
 エエ子やねぇ〜。


 沖縄行きたくなっちゃった。
 でも私はビジターでイイや。

 現実にも、沖縄に憧れてそこで暮らしたくなって、行っちゃう若者達がたくさんいるんでしょう。
 それにまつわる嫌な話や危険な話も。
 それは沖縄に限らず、色んな土地である話なんでしょう。
 『暮らす』 という事は生きていくという事なんだから、どこであれ厳しさを伴うのは当然だということは、肝に銘じておかなくてはいけないかもしれませんな。


 でもやっぱ沖縄行きたい〜。
 1ヶ月くらいホテル住まいで、とかが理想的ぃ。(←軟弱者め)


 一つ心残りと言えば、オーナー(代理)が不眠症になったワケ、知りたかったな。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by akk at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

2012年02月24日

長生き競争!

長生き競争! (小学館文庫) [文庫] / 黒野 伸一 (著); 小学館 (刊)

長生き競争! (小学館文庫) [文庫] / 黒野 伸一 (著); 小学館 (刊)




 akkです。

 すげーよ、殺人事件でもないのに、バタバタ人が死んでいくよ。
 何でそんなに死ぬかっつーと、年寄りだからなんですな。
 
 小学校からの幼馴染で現在76歳の6人(+エリ)で誰が長生きするか、自分たちの命をかけるっつーとんでもない話ですよ。
 とんでもないんだけど、なんか明るいのです。
 自分たちで 『老人版バトロワ』 とか言っちゃったりして。
 ってそれは多分この時点では彼らも、自分たちが死ぬ事ってを実感してなかったからだろうなぁ。

 いずれにせよ、ミステリーでもないのに人がバンバン死ぬ、老人度の高い斬新な話って感じでしょうか(笑)
 こんな老人たち(と若者たち)が、どこかに居たってイイじゃない!



 以下、ネタバレあり!!!








 
 老人たちが死んでいく話なんだから、もっと暗くてじめ〜っとしててもおかしくないのに、このお話はカラリとしておりますな。
 もちろん葛藤やら悲しみやら、色々あるにはあるんですが。
 若者たちとの交流がイイのかな、やっぱ。
 みんなそんなちゃんとしてない若者ばっかりだけど、ちゃんと交流できてるっていうか。
 そういうのが楽しい。

 さすがにエリが死んだ時は悲しかったなぁー。
 彼女だけだもんね、若くて死ぬの。
 でも多分こういう悲惨な話、現実にもあるんだ。
 エリはまだ白石さんに看取ってもらえたからイイけどさ。

 しかしAIDSの最期って、あんな壮絶なんすか。
 苦しみで暴れて間接外れるって・・・
 それをはめるって・・・


 白石氏が最後じゃなかったんだねぇ。
 やっぱ女性の方が長生きなのねん。
 でも最後まで残っちゃうのはきっと寂しいから、最後じゃなくて良かったんだよ。
 ちゃんと芝桜の国にも行けたみたいだし。

 心温まるというのとはちょっと違う、なんと言ってイイかよく分からんけど、イイ話でした。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by akk at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

2012年02月19日

封じられた街 上・下

封じられた街<上> (ポプラ文庫ピュアフル) [文庫] / 沢村 鐵 (著); ポプラ社 (刊) 封じられた街<下> (ポプラ文庫ピュアフル) [文庫] / 沢村 鐵 (著); ポプラ社 (刊)


封じられた街<上> (ポプラ文庫ピュアフル) [文庫] / 沢村 鐵 (著); ポプラ社 (刊) 
封じられた街<下> (ポプラ文庫ピュアフル) [文庫] / 沢村 鐵 (著); ポプラ社 (刊)



 akkです。


 これって児童向けだったの?
 どうりで分厚い割に早く読めると思った。。。

 ま、いっか。
 オモロイもんはオモロイ!

 

 てなわけで30代でも楽しめる、ダークファンタジーです。
 主人公の小中学生達が、得体のしれない 『何か』 と立ち向かう姿は、読んでるうちにどんどん応援したくなります。
 これ同世代の子供たちが読んだら、応援じゃなくてすんごいドキドキするんだろうなぁ。
 うらやましい。

 

 さすがにあんまり恐怖は感じなかったなぁ。
 あ、でも 『上』 の中扉(って言うのか?)の絵が、1部と2部で同じに見えて実は影が近づいてるって気付いた時は、ちょっとぞっとしましたな。ひひ

 

 

 以下、ネタバレあり!!!

 

 

 

 

 

 

 




 やはりホラーというのは、正体が分からないのが一番怖いんですかな。
 もののべ様が礼美って分かってからは、もうあんまり怖くなくなったよ。
 たそがれの国での対決も、ゴンちゃんの活躍の所為か、むしろのんびりというか微笑ましかった。


 結局礼美は恐ろしい怨霊なんかじゃなくて、寂しいただの女の子だったんだね。
 そのマイナスの心を、たそがれの国のあのニョロニョロしたやつに捕まって、増幅されて、利用されてたのかな。

 ということは、子供たちは彼女をやっつけたというより、解放してあげたって事だよね
 だから彼女も最後に 『ありがとう』 って言ったんだと思うし。



 それよりも現実の世界での子供たちの方が、ずっと大変だったよねぇ。
 超常的な事は信じてくれない大人を相手に、自分たちだけで立ち向かわなくてはいけないんだから。
 子供ってただ守られているだけの立場のようでいて、実は何かと本気で対決しようとすると、結構不利な立場にあるのね。

 まぁそんな中でも彼らはまだラッキーつうか。
 ハジメの父ちゃんがイカしてたもんなー。
 フツーあの場面で 『よし分かった』 って、認められないと思うよ。
 秀平のお母ちゃんとかイラつくけど、あっちの反応のがフツーだろうなぁ。
 とにかく秀平君が生きててくれて、ホントに良かったっす。ほっ
 

 おふみちゃんも、しっかりしすぎてるけどなんか可愛くて良かった。

 

 



 ところで、ヨ。

 あのあとがき、イカすじゃないか。このこのぅ〜 うししし



人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by akk at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

2012年02月14日

完全なる首長竜の日

完全なる首長竜の日 (宝島社文庫) [文庫] / 乾 緑郎 (著); 宝島社 (刊)


完全なる首長竜の日 (宝島社文庫) [文庫] / 乾 緑郎 (著); 宝島社 (刊)




 akkです。



 いや面白かった!!
 ぐいぐい引き込まれて読みました。

 ネタバレせずには何も書けないけど、とにかく楽しかったよ。
 まぁ多分大抵の人は、読んでる途中でネタもオチも予想はつくと思うけど。

 変なタイトル(サリンジャーのバナナフィッシュから来てるらしいけど)だし、本屋で何度も素通りしたのに、最終的に衝動買いかのような勢いで購入。
 呼ばれた〜〜〜〜。
 幸せ〜〜〜〜〜。




 以下、ネタバレあり!!!










 インセプションですな。むふ
 もう1回観たくなっちゃった。


 この、夢から覚めた夢系の話って昔からあると思うけど、その手の話だろうなって分かってからも興ざめしないっていうか。
 その辺の読ませ方が上手いんだろうと思う。
 なんか描写もねー、特に込み入った説明があったりするわけじゃないのに、すごく目に浮かぶんだよねぇ。
 海に立てられた赤い旗とか。
 何度も出てくるし、最後の方はホントに見えてる気がしそうだった。
 
 最初は浩市の夢だと思って読んでるうちに、本当は誰の夢なのか分からなくなる(っていうか予想がつく)んだけど、その境目のあいまいな描き方に、読んでて眩暈を覚えました。
 ってそれは、バスの中で集中して読みすぎたせい(軽いバス酔い)だろ。


 ラスト、あの銃を淳美は使うんだろうか、やっぱり。
 夢の中で自分が死んだ記憶ってのは、次目覚めた(夢の中でも)時引き継がれるのかな。
 引き継がれたとしても、次目が覚めれば 『あぁ、さっきのは夢だったんだ』 って分かるけど、じゃあ結局今現在のこの世界は? って事になるよねぇ。
 あの銃は世界を確かめるというより、夢の中だとハッキリ分かった世界を一旦終わらせるには有効って事か。
 そして結局、自分が現実と感じる限り、その世界を現実を信じる事しかできないんだなー。
 うーん、考えるほどワケ分からん。ぐるぐる


 いずれにせよ。


 夢と現実の描写の境目がなく描かれてるし、好みは分かれそうですが、私は楽しめましたよ。
 あいまいなままの部分もたくさん残されてるけど、もう何が夢なんだか現実なんだか分からないんだから、別にイイーんでない。(←ひどい読者だ)



人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by akk at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

2012年02月09日

ホルモー六景

ホルモー六景 (角川文庫) [文庫] / 万城目 学 (著); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)  

ホルモー六景 (角川文庫) [文庫] / 万城目 学 (著); 角川書店(角川グループパブリッ...





 akkです。

 久々の万城目さんです。
 やはり楽しい。
 ホルモー読んでからだいぶ経ってるので、ちょっと忘れちゃってましたけど、それでも楽しかったですよ。

 『鴨川ホルモー』 (レビューはこちら)のスピンオフ的作品集。
 ちょっと恋愛度が上がってるかな。
 いや、だいぶ上がってるかな。
 あの変な世界はそのままに、さらに世界は縦横無尽に広がってますよ。うふふ
 時系列を合わせて、もう一度ホルモー読みたくなっちゃった。


 個人的に気に入ったのは 『ローマ風の休日』 と 『長持ちの恋』 かな。
 どちらも非常に微笑ましい。
 ニマニマしながら読んじゃった。
 万城目さんって、こういう感じの話も書けるんですね。(失礼な)

 ところで凡ちゃんの想い人って、誰だっけ?(←全然ダメ)


 あー、二人静の話は笑ったなー。
 二人は大まじめなんだろうけどね。
 やっぱ鬼語の表記が秀逸なのかな。
 戦ってる本人たちは真面目でも、鬼も見えずただ傍に居る人にとっては、ふざけてるか頭オカシくなったとしか思えないものねぇ。

 
 『鴨川ホルモー』 をもう1回読みつつ、なんならDVDも借りつつ、京都行ったりしたい。
 そういうお祭り心をくすぐるスピンオフ作品集でした。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by akk at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

2012年02月06日

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫) [文庫] / 三上 延 (著); アスキー・メディアワークス (刊)

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫) [文庫] / 三...







 akkです。

 人気シリーズ、どこまで行くのでしょうか。むふむふ
 『物語はようやく本編というところ』 とありましたし、もうしばらく楽しませてくれそうです。


 にしても作者の三上さんの、この古書に関するマニア的知識って、どっから来てるのかしら。
 やっぱ趣味なのかしら。
 げに楽しきはマニア道。





 以下、ネタバレあり!!












 今回は栞子さんのお母さんの謎がメインだったのかな。
 つっても完全に解き明かされたわけじゃなくて、ちょっとだけどんな人か、栞子さんが大輔に話しただけだけど。
 あんなに頑なにお母さんの事には触れたくないって感じだったのに、とうとうその一端でも話したという事は、やはり大輔への心のオープン具合は更に進んだということでしょうか。むふふ

 栞子さんは自分にも母親と同じようなところがあるって、凹んでたみたいだけど。
 まぁお母さんがあの漫画本に2000円という値札を付けたのは、犯罪まがい(ホントは全部知ってたんだから罪になるんだよね?)かもしれないけど。
 でも栞子さんの今回の場合、別にビジネス的取引としてそれくらいすると思うけどなー。
 ホントの事全部話さないとかさ。
 そんなの普通じゃん。
 もぅ、栞子さんったらピュアなんだからー。
 

 しかし、小学生で 『時計仕掛けのオレンジ』 読むって、相当だなー。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by akk at 16:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます

2012年02月03日

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫) [文庫] / 三上 延 (著); アスキーメディアワークス (刊)


ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫) [文庫] / 三...




 akkです。


 このジャケは目を引きますなぁ〜〜〜。
 何故かちらん。
 
 ずっと気にはなってたんですが、メディアワークス文庫って事で軽すぎるかなー(失敬)、と買い控えておりました。
 したら、持ってる人を発見したので、借りちゃいました。てへへ

 いやー、全然軽すぎる事なかったよ。
 メディアワークス文庫なのに(失敬)軽すぎず、文章も乱れ過ぎず、程よく静かで良かったっす。

 古書にまつわるミステリで、連作形式となっております。
 主人公の栞子さん(ジャケの人ね。あれ、主人公は大輔なのか?)が、そりゃーものすんごい安楽椅子探偵っぷりですよ。
 事情があって入院してるんですが、その病院のベッドの上で少し話を聞いただけで、真実をズバズバと。
 まぁ、心理面での言い当てが多いので、厳密には安楽椅子探偵ではない部分もあるのかもしれませんが。

 いずれにせよ、キャラの魅力、文章の魅力、ストーリーの魅力ともに十分な、ステキな物語でした。
 読み終わったら、古書店めぐりをしたくなりますよ。むふふ



 以下、超ネタバレあり!!!













 笠井めぇー、ちっとも違和感感じてなかったぜ。
 何としてでも手に入れたいという、マニアコレクターの気持ちは分からんでもないですが、その一線越えちゃーイカンだろう。
 雨の日に石段の上から突き落したら、下手したら死ぬよ。こんにゃろ
 栞子さん、普通に歩けるようになってほしいな。
 
 あの本を燃やしてないってのは、何となく予想は付いてたけど。
 っていうか普通燃やさないでしょ。
 まぁそう思わせない、2段階でのトラップが見事だったって事でしょうかね。
 
 それに敵を騙すにはまず見方からってのも、常套手段だしぃ。
 それくらいで傷ついちゃって、大輔も若いのぉ〜。ホホホ
 と、小姑目線で読んでみたりして。
 
 続きが出てるみたいだし、これ人気ありそうだからシリーズで続くんじゃないの?
 また一つ楽しみが増えましたヨ。むふふ





人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ ひらめき 応援お願いします あせあせ(飛び散る汗)

posted by akk at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書クラブでは読書した本の内容のレビュー/書評/感想をたくさん書いていきます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。